出版物のご紹介

出版物のご紹介

『30代40代の転職 採用を勝ち取る! 面接テクニック』−秀和システム

20代と同じ自己PRと志望動機では採用されません
”経験の差”をアピールする面接テクを完全公開!

30代40代の転職 採用を勝ち取る! 面接テクニック ”プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®”井上隆一/吉武美沙 共著

【はじめに】
「また落ちてしまいました・・・。すべて面接でだめでした。何とかなりませんか・・・」
このセリフは、とある40代の立派なキャリアを持つ方が発したものです。不採用が続くと顔つきまで暗くなってきます。この方も、優秀そうではあるのですが、見るからにネガティブな印象で、話す内容もすべてマイナスイメージを感じさせるものでした。
優秀な人材であっても30代40代という年齢の壁は高く、このような状況に陥っている方が多数いるというのが、現代の転職市場なのです。

企業の面接官は、本業の仕事においては「プロ」ですが、面接に関しては「素人」です。しかし、一緒にその仕事をしようとする人が見て良いと考えれば、かなりの率でその人物は新しい職場でも活躍できるもの。話の中で論理性を確認したり、人間性を見たりすることは、必ずしも「面接のプロ」である必要」はありません。では、面接の素人である面接官に、「この人物を採りたい!」と思わせるには、どうしたらいいのでしょうか?
新卒や20代転職と異なり、30代40代の転職は、求人企業が必要とするピンポイントの人材を一本釣りする場です。そう考えれば、自ずと面接対策の方法が見えてきます。第一印象も含め「面接官に好印象を与えることが面接の本質」です。30代40代が相手に好印象を与えるには、小手先のテクニックでは歯が立ちません。

本書では、典型的な質問とモデルトークを中心に、好印象を与えるための「転職面接のノウハウ」について解説しています

皆さまが本書を活用し、単に面接合格というだけでなく、新たな人生の出発点となる転職を果たされることを祈念いたします。

2010年4月 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー® 井上隆一


【価格】
本体1,400円(税別)
ご購入は、大手書店・出版社・アマゾンから

本書の構成

プロローグ:超氷河期の転職市場 30代・40代に転職は可能なのか?
第1章:30代40代の転職面接で必ず押さえておくべきこと(12項目)
第2章:30代40代の志望理由とキャリアのアピールはこうする!(3項目)
第3章:必ず聞かれる質問 30代40代に求められる回答は?(18項目)
第4章:30代40代には「経営者の視点」での回答も求められる(4項目)
第5章:弱みへの厳しい質問 30代40代に求められる回答は?(14項目)
第6章 あなたの「実績」もしくは「売り」は?【職種別の傾向と対策】(11項目)
監修者あとがき

▲ページ先頭へ